起業の際の会社設立代行・手続きなど、会社設立に関しての情報満載です。

「起業!手続き・代行・会社設立BOOK」ロゴ
「起業!手続き・代行・会社設立BOOK」

会社の種類を知る

会社と一言でまとめられていますが、会社にも種類があるのはご存じですか。 一番有名な種類で言えば株式会社ですよね。このように会社にはいくつかの種類がありますので、会社を設立する前にどの種類の会社を設立するのかをしっかり理解して考えましょう。

株式会社について

株式会社と言う名前はほとんどの人が聞いた事があるかと思います。ほとんどの会社が株式会社なのではないかと思うくらい沢山の株式会社があります。
株式会社と言うのは、会社の株を持っている株主から資金を提供して貰います。その提供してもらった資金で会社を運営していき、会社の利益は株主に配当されています。
株主は会社に資金を提供していますので、会社の事に対して意見を言う事が出来ます。経営の方法がおかしかったりした時に経営者を変える事も出来ます。

経営者を選ぶ

合同会社について

この合同会社と言う種類の会社はあまり聞いた事がない種類の会社ではないかと思います。
これは新会社法に変わってから出来たら新しい会社の種類なのです。
この合同会社の一番の特徴は身軽であると言う事ではないでしょうか。まず、会社を設立するのに、社員が1人でも設立する事が出来ます。そして、出資者全員が有限責任と言うのも大きなポイントだと思います。
また、諸費用が安くすみますし、最低資本金の規定がないですので、株式会社よりも身軽に会社設立が出来る新しい形です。
株式会社と合資会社の違う所

少し株式会社と合同会社の違いの話をしましたが、もう少し詳しくお話をすると、ルールでガチガチに縛られすぎないと言う事です。
一体どういうことなのか。
もし、これから友人と事業を始めようとして自分の得意の分野の事業だとして、自分は技術をもっているが、友人は専門外なので基本的な事しかしりません。
ですが、友人はお金を一杯持っているので、おかねを自分よりも多く出しました。自分は200万円で友人は800万円だして事業を開始しました。自分は得意分野の仕事だったので順調に進み3000万円利益を出す事に成功しました。さて、この3000万円どのように二人で分ければいいのか。
株式会社の場合ですと、出資した金額の割合で利益も分配する事になりますので、自分は600万円で友人が2400万円の利益を貰う事になります。
なんだか不公平に見えますよね。そこで合同会社の登場です。合同会社なら事業を始める前に配分はどのくらいと決める事が出来ますので、事前に50%ずつと決めておけば利益がいくらになっても半分ずつ分ける事が出来るのです。

おすすめWEBサイト 5選

浮気調査 大阪

金 相場

最終更新日:2017/8/3

「起業!手続き・代行・会社設立BOOK」TOPページへ